毛穴の黒ずみをはやくどうにかしたい!イチゴ鼻を治す方法


IMG_1149(2)[1]

 

「イチゴ鼻」。鼻の毛穴が黒ずんでイチゴの種のようにプツプツと目に見えることからそう呼ばれています。
イチゴ鼻になってしまう主な原因は、化粧の落とし残しがあったり、
洗顔が不十分だったり、乾燥をほったらかしている、鼻を手でさわるくせがあるなどです。
皮脂の分泌量が多いタイプの人は特に毛穴が丸く開いて目立ってしまいます。
また、これは今や有名な話ですが「毛穴パック」のやり方がまちがっていたり、頻繁にやりすぎていたりして逆効果になっていることもあります。

ではどんな方法で直せるのでしょうか?
今回の記事では、ネットで調べたものの中で、特に信憑性の高い対策方法をピックアップして解説します!

メイク落としを怠らない

gatag-00010943[1]

夜化粧を落とさずに寝るのはNG!こんなもんでいいか~とテキトーに洗って落とし残しがあるのもNGです。
メイクを落とす時必ず手を洗ってから、ごしごし荒っぽくしないでやりましょう。
「あたりまえでしょ!」と思う人もいるかもしれませんが、ズボラ女子にはこれがかなり面倒臭いことなのですよね…。
でも、日々の積み重ねでしか改善できません。頑張りましょう!

洗顔回数・洗顔方法の見直し

洗顔はやりすぎず朝晩2回にとどめて、やさしく丁寧にやりましょう。
小鼻のあたりは特に洗いにくいので注意深く。洗顔前に蒸しタオルをして毛穴を開き、清潔な泡立てネットでよく泡立てた石鹸で洗いましょう。
洗顔前の手洗い、洗顔後のケアもお忘れなく!

「合成界面活性剤」不使用の石鹸で洗う

201204op[1]
出典:http://www.tiritumo.net/wp-content/uploads/2015/10/201204op.jpg

合成界面活性剤は、洗浄力は高いですが肌のうるおいを奪って皮脂過剰を招く可能性があります。
一般的に、液状より固形の石鹸のほうが、含まれている量が少ないです。
合成界面活性剤不使用のものを選べば、肌に負担がかからずうるおいを保てます。

食生活

83ff9791535315bf7134317afc6584a8[1]

イチゴ鼻だけでなく全体的に肌が脂っぽかったり、肌荒れしやすいという人は食生活の見直しが必要かもしれません。
ポテチやジャンクフード、ラーメンなど脂っこいものを過剰に食べている人は洗顔方法や石鹸を変えただけでは治らないかもしれません。

以上の4つ。すべてパーフェクトに実践できればそれに越したことはありませんが、いきなり石鹸を替えるものもったいなかったり、食生活を変えるのには時間がかかったりすると思います。
まずはメイク落としや洗顔を怠っている人はそこをなおしましょう。

「毛穴パック」のほかに「オロナインパック」も一時期流行していましたが、効果は人それぞれで、中には逆効果になってしまった人もいるようです。
地道な努力で少しずつ肌の状態を良くしていきましょう!

参照:
http://pharmacyjdhealth.com/archives/749

http://hadalove.jp/strawberry-nose-face-wash-2-29630



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です