歯が黄ばむ3つの習慣~飲み物・カレー・たばこ~


白くてピカピカの歯は素敵ですよね。「白い歯になりたいから歯磨きしっかりやろう!」
それも間違ってはいないですが、歯磨き以外の習慣で歯の白さ・黄ばみに関係していることがたくさんあるようです。
今回の記事では、歯を黄ばませてしまう3大習慣について説明します。すぐに取り入れられるアドバイスも書いているのでぜひ読んでみてください♪

1お茶、コーヒー、赤ワイン、コーラ、ウーロン茶などの飲み物が好き

ai1[1]

みなさんご存じなのではないでしょうか?コーヒーや紅茶は歯にステイン(着色汚れ)が付着してしまうことで有名ですよね。
こうした飲み物を飲んだあとは歯磨きやうがいをすると良いです。また。のむときはストローを使って歯に触れないようにして飲むとステインが付着しにくいです。
ストローで飲むことのメリットはほかにもあります。コップでがぶ飲みする場合はどうしても唇が濡れてしまいますが、ストローを使えば唇を濡らさなくてすむので、ガサガサにならないです。

 

2カレーをしょっちゅう食べる

l_11[1]

カレー好きの人って結構たくさんいますよね。週に2、3回はカレーを食べるという人も珍しくないのではないでしょうか?作りやすくて、夏でも冬でもおいしいので、私もカレーが大好きです。
ですがカレーはあの色からして、歯に着色してしまうというのは明白。歯の白さを追求するのであればあまり毎日のように食べないほうがいいかもしれません。

できる対策としては、カレーを食べたあとはすぐに歯磨きをすることですね。服にカレーがついてしまったときは、なるべく早くシミ取りを行いますよね。
それと同じように、歯についた色や汚れも時間が勝負なのです。自宅で食べたなら、寝る前や明日の朝でいいやなどと言わず、食べてちょっとしたらする習慣にしましょう。

外食の場合も歯磨きできればいいですが、忙しい時や持ち歩いていない時もあったりして、なかなかブラッシングするのは難しいですよね。
そこでおすすめなのは歯磨きシート。汚れやべたつきをささっと取れます。次にすぐ用事がある日中なんかに外食でカレーを食べたときは、ブレスケアと一緒に歯磨きシートで歯を磨いておくと印象が良いですね。
コンビニで買えるというのも大きなメリットです。

 

3タバコを吸う

l_02[1]

この記事を読んでいるのは美意識の高い方でしょうから、タバコが歯に悪いことはよく知っているかもしれません。タバコのヤニは上記2つよりもさらに強力で厄介なステインです。
タバコに含まれている有害物質がビタミンCを壊すせいでメラニン色素の排出が滞り、結果として歯茎が黒ずんだり歯周病につながったりします。

わかっていてもなかなかやめられないという女性も多いと思いますが、清潔感のある美しい女性でいたいなら、歯が黄ばむ以外にどれだけの害があるのかを調べてみてください。そして、禁煙の決心をするべきでしょう。「そんなことは百も承知!だけどどうしても、どうしてもタバコ吸いたい!」という方は、こまめに歯科に通ってホワイトニングも行うようにしたり、タバコを吸った後は必ずうがいをしたりなどしてできる限り気を配りましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です