「爪は呼吸している」説は嘘だった!ネイル・マニキュアで爪が不健康になる本当の理由と回避方法


「爪も呼吸しているからマニキュアすると良くない」という、どこかで聞いたことある話。
ネイルをしたときの圧迫感からそう感じる人もいるみたいですが、専門家によるとこれは誤解だそうです。

爪は呼吸しているわけではありません!

爪の付け根と指の境目あたりにある「爪母(そうぼ)」で作られていて、
表面にあらわれている爪というのは、何日も前に爪母で作られた、「既に死んでいる細胞」なので、呼吸をしていないのです。
http://www.a-nail.jp/special/yubisaki.html

ではネイルやマニキュアで爪が不健康になるほんとの理由はなんなんでしょう?

IMG_6368[1]

リムーバー(除光液)が爪を痛める

これは実感している人も多いと思いますが、一番大きな理由ですね。
リムーバーは爪本来の水分や油分まで奪ってしまうので爪割れをしやすくなります。

ジェルネイルなどで爪の表面を削る

ネイルサロンで爪の表面を削ることがありますよね。あれをどんどん繰り返していると爪は薄くなっていく一方です・・・。

File-and-Polish[1]

爪をいじるクセがついてしまう

マニキュアをしているとついつい爪が気になっていじってしまったり、剥がれかけると爪で削ってしまったり・・・それが爪の損傷につながってしまうことも。

ではでは爪を健康に保つためにはどうすればいいのでしょう?

キューティクルオイルを塗る

IMG_9197[1]

爪に油分を与えて乾燥を防いでくれるキューティクルオイル。ネイルを長持ちさせるだけでなく爪を保湿して健康にしてくれます。個人的にかなりおすすめなのは「美爪手」というオイル。これのおかげで冬でも爪がピカピカです。
甘皮も全然むけなくなりました。ネイルしている爪やセルフネイルのオフ後だけでなく、毎日塗るようにしています。「キューティクルオイルを塗る」は何よりおすすめ!

爪切りではなく爪やすりを使う

gahag-0023523618-1[1]
爪切りでパチンパチンと切ると、爪が乾燥していた場合パカッと割れてしまうことも。
爪切りの裏についている爪やすりではなく、専用の爪やすりを買いましょう。ガラス製はかわいくておすすめです♪

ハンドクリームをこまめに塗る

IMG_0258[1]
乾燥シーズンでなくても、ネイルをしているときはハンドクリームをこまめに塗るようにしましょう。保湿が何より大事です。

リムーバーは品質の良いものを!

除光液はなるべくケチらずにいいものを使いましょう。アセトンが入っていないものが爪にやさしいのでおすすめですが、ラメなどの強固なネイルだとちょっと厳しいです。アセトン入りとアセトンフリーの両方を持っておいて使い分けるのがベストですね。

美しい爪でネイルを楽しみましょう♥

爪の健康を保って、ピカピカのすっぴん爪でおしゃれを楽しみましょう♪

lgf01a201308172200[1]

参照:https://www.kyotoliving.co.jp/article/101120/qa.html