胃下垂かチェック!現代人に多い胃下垂になる原因はこの3つ!


胃下垂とは、胃が本来の位置よりも下に垂れ下がっている状態のことです。背が高くて細い人に多いといわれていますが、現代ではそうでない人も胃下垂になっています。
症状が重いと、おへそや骨盤のあたりまで垂れていることがあります。

その原因は追い追い説明しますが、まず、
「私って胃下垂かも?」と心当たりのある人は、まず以下の項目をチェックしてみましょう。

body_i_bad[1]

・食後に下腹部がポッコリ出てしまう
・食後にゲップをすることが多い
・食後に吐き気や胸焼けがする
・常に便秘気味
・食べるとすぐ満腹になる
・下腹部がぽっこり出ている
・ストレスがたまっている
・暴飲暴食を頻繁に繰り返してしまう
・姿勢が悪く猫背だ

body_i[1]

上記の項目がいくつか当てはまる人は、胃下垂の可能性があります。

胃下垂はたくさん食べていても太らないためうらやましがられることがありますが、
胃炎や胃潰瘍などの病気にもつながっていくため、危険です。

そもそも胃下垂の原因として、現代人に多いのが「ストレス」「筋肉不足」、そして「食生活」です。
ほかの病気の原因にもなるであろう、恐ろしい原因です。
そしてこれらの原因はそれぞれが影響を及ぼしあって免疫力のない体になっていき、病気にになりやすくなっていきます。

ストレスが溜まるから食生活が悪くなったり、筋肉が足りないから体も疲れやすくストレスが溜まったり、
食生活が悪いから体調不良やイライラが起こりやすくなっていたり・・・と、すべてがつながっているのです。

胃下垂の人は、まず以下の点を治すように心がけるようにしましょう。

walking_woman[1]

・運動する
胃が垂れ下がってしまう原因の一つは、筋肉が弱まっていること。腹筋が弱いと内臓の位置が下のほうにいってしまうのです。
腹筋を忍耐強く続けることで胃下垂は改善されていきます。
全体的に筋肉が足りていない人が多いので、スポーツやジム通いを始めるのもよいでしょう。

・姿勢を正す
姿勢をまっすぐにしていると腹筋を使うので、胃が垂れ下がりにくくなります。
また、姿勢を正すことで消化も良くなり、胃下垂の症状が改善していきます。
自分の力だけで治すのが難しい場合は整体にも通うようにしましょう。

・ストレスを減らす
ストレスと胃下垂の関係はイメージしにくいと思うので少し補足します。

仕事などで不安や緊張などストレスを感じる局面が多い人は、交感神経が優位になっていて興奮状態にあり、副交感神経のバランスが崩れています。
副交感神経のバランスが崩れると胃の中に消化しきれなかったものが残留し、その重さによって胃が垂れてしまいます。

リラックスする時間を意識してもうけるようにしましょう。

・食生活を正す
コンビニ食や外食を控え、バランスの良い食事を心がけましょう。

上記4つのことは、わかっていてもなかなかできないことかもしれません。
ですが、胃下垂を治すためだけでなく、体と心の両方を健康にするためだと思って根気よく頑張りましょう!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です