わたしの目のクマはどのタイプ?クマの色別改善方法


いかにも疲れていて不健康そうに見えてしまう、目の下の「クマ」。
原因はいったいなんなのでしょうか?

目の下のクマにはおおまかに、3種類があります。今回はそれぞれの種類別に分けて、原因と対策アドバイスを書いています。鏡の前に立って、自分の目のクマはどの色をしているのか確かめてみてください。

茶色いくすんだクマ

目を触る女性
出典:http://www.ci-labo.jp

茶色いクマは色素沈着が主な原因です。目をこするクセがある人に多いです。マスカラやアイシャドーなどがしっかり落とされていなくて色素沈着することも原因にあるでしょう。

さわったら何となくわかると思うのですが、目の下の皮膚はほかと比べて非常に薄くて繊細で、乾燥もしやすいです。
クマをなくすには、目をこすらないようにしてなるべく刺激を与えないのと、化粧落としやスキンケアをきっちりやって保湿することが大切です。
化粧を落とすときや化粧水を付けるときもこすらないように、やさしくふきとったり付けたりしましょう。

コンシーラーも刺激となってしまいますから、力を抜いてなでるような感じで塗るようにしましょう。色は肌と同系色が良いでしょう。
また、何も塗らないと紫外線による色素沈着が起こるので、ベースや日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。

青や紫のようなクマ

gahag-0026025705-1[1]

青っぽいクマは血行不良が主な原因です。デスクワークをしていたり、長時間スマホやテレビなどの画面を見たりする人に多いのがこのタイプのクマです。
長時間一点を凝視するため、血流が悪くなります。睡眠不足やストレス、姿勢の悪さによって起こる骨のゆがみなどからも起こります。

現代人の多くのクマはこのタイプのクマです。コンシーラーは赤味がかったものやオレンジ系などにすればある程度隠すことができ、血色良く見えますが、メイクでどうにかしようとするよりもまず、生活を見直したほうがいいでしょう。
日中PC画面を見る時間は減らせないとしても、スマホを見る時間を減らし、休憩時間は目を閉じるようにするなどして、目を休めてあげるようしましょう。蒸しタオルを目にあててあげるのも効果的です。

顔にニキビができたり、目の下にクマができたりするような体の一部分の変化は、全身の不調を訴えている体からのサインだったりします。
全身の疲れを取るためには、自律神経を整えて血流を良くすることができる「深呼吸」も良いです。
寝る前に呼吸をゆっくり整えるようにすると、睡眠不足やストレスの解消にもなります。

影によってできるくっきりとした黒っぽいクマ

140901_5866_333_250[1]
出典:https://www.cosme.net/biche/articles/ELFwgLgT

くっきり線が入って黒い影ができているのは、生まれつきもしくは加齢によってできるクマです。目が大きい人には多いようですね。
年齢によって自然にできたクマはそれほど悪印象ではありませんし、人によっては魅力的にも見えると思います。

しかし気になるようであれば、コンシーラーファンデーションで上手に隠しましょう。
顔全体にしてはコンシーラーやファンデーションは自分の肌よりワントーン暗いものにするのが通常ですが、ここが気になる人はワントーン明るいもので仕上げましょう。
ラメ系で光らせるのも良いです。ただし粉などをつけすぎるとクマの線を強調してしまうで気を付けましょう。
固形より液状タイプのコンシーラー、できれば筆のものをおすすめします。

いかがでしたでしょうか?
クマが気になるという方、ぜひ参考にしてみてください。

参考文献:くすぐる(http://www.cusugle.com/skincare/dark-circle/post-17)
スキンケア大学(http://www.skincare-univ.com/article/000043/)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です