豆乳による美容ダイエットで気を付けるべきポイント5つ


無理せず健康的に痩せられるということで、ネットや口コミなどを中心に女性の間で話題となっているのが「豆乳ダイエット」。
豆乳は低カロリーで満腹感を得られ、美容に良い成分もたくさん含まれていて良いことづくしなんです。

すでにたくさんのメディアが豆乳ダイエットを話題にしているので、「もう知ってるよ~」「やってるやってる~」という方もいるかもしれませんが、ひょっとすると見落としているポイントがあるかもしれないので、そんな気を付けるべきところ5つに焦点を絞って記事にしてみました。ぜひチェックを!

飲みすぎに注意!1日 200ml

イソフラボンを摂取しすぎると、逆に体に悪くなってしまうようです。大豆に含まれるイソフラボンは、1パックぐらいにとどめておきましょう。
短時間に大量に飲んでしまうとホルモンバランスを崩してしまい、月経不順や子宮内膜増殖症のリスクにもつながるそうなので、くれぐれもご注意を!

生理開始の7~10日前が効果的!

生理前、女性の体は水分や栄養分を溜めて体重を増やそうとする傾向にあります。だから通常、生理前っておなかが減りやすくて太りやすいのです。しかしながら豆乳には溜め込みすぎない体にする=痩せやすくする成分がたくさん含まれているのです!
それだけでなく豆乳はコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進したり、ビタミン類を豊富に摂取できたり、肌に良いもの盛りだくさんなのです。ダイエットとしては生理前がいいですが、がん予防や健康全般のためを思うなら一日一杯の習慣を続けるといいですね。

豆乳に何を組み合わせるか

豆乳にバナナなどの果物、はちみつなどを組み合わせるのはたしかに健康的です。が、果物やはちみつにはたっぷり糖分が含まれています。摂取しすぎると太ってしまうので気を付けましょう。おいしいからといって、はちみつたっぷりで豆乳はちょびっと…なんてことになっていたら本末転倒ですよ。

無調整豆乳を選ぶ

上記と同じような理由です。糖分がないものを選びましょう!

理想のタイミングは食事30分前くらい

豆乳には満腹感をもたらす成分があるので食事前に飲んでおくと良いです。また、豆乳は食事による血糖値上昇を防いでくれます。これによって脂肪を蓄えにくくできるそうです。特に朝食前に飲むと便秘解消にもなるので GOOD。

 

c4babc66d65f45c08915d6816404d75c-480x320[1]

 

 

いかがでしたでしょうか?
以上の5つのポイントに気を付けて豆乳ダイエットに取り組みましょう!

参照:http://yaserulincoln.hatenablog.com/entry/2015/07/12/%E8%B1%86%E4%B9%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%A8%E3%82%84%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%82%92%E5%BE%B9%E5%BA%95%E8%A7%A3%E8%AA%AC%EF%BC%81

http://matome.naver.jp/odai/2138799490277085101



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です