オールインワン化粧品を選ぶ基準は?メリット・デメリットを考える


オールインワン化粧品のメリットって?

「簡単!便利!すぐできる!」というのは誰もが知っているオールインワン化粧品のメリット。しかしそれだけではありません。

通常は化粧水→乳液→美容液・化粧下地というステップを踏みますが、肌に触れる刺激はシミやシワの原因にもなります。オールインワンなら肌に触れる回数が少なくて低刺激ですみます。化粧水を付けてパチパチたたいたり乳液や美容液をこすりつけるように触るのはNGです!そんな逆効果を防ぐことができるのもオールインワンジェルの大きな魅力です。

また、オールインワンなら化粧水や乳液のような「塗りすぎ」が起こらないので、過剰でアンバランスな使い方によって肌本来の自己再生力低下するというリスクがありません

商品によってはこんなデメリットも・・・

オールインワンはとても安いものがありますが、「浸透力が低くすぐに肌が乾燥してしまう」という口コミ低評価のものが結構あるようです。結局他の化粧品と併用して結果的に高くついてしまうということもあり得ますね。

また、オールインワンに限らず界面活性剤やエタノール、香料、着色料を使っているものもあります。これは敏感肌の人には大敵!オールインワンだからといって全部低刺激なわけではないので要注意です。

a0002_008694

オールインワン化粧品もいろいろ!選ぶ基準は?

オールインワン化粧品にも、成分配合によって美肌や美白、保湿など特徴も違いますから自分に合ったものを選びましょう。成分は、何が入っていて何が入っていないかはっきり書かれているもののほうが良いです。「○○種類の美容成分配合!」「無添加!」などといううたい文句は化粧品関連でよくありますが、その美容成分の効果がしっかり実証されているかどうか、無添加とは具体的にどういうものが含まれていないのかなどがはっきりわからない商品は疑わしいです。

関連記事もぜひご覧ください!

@コスメの口コミで1位!テレビでも注目の希少な成分「サクラン」が乾燥肌をモチモチ肌に!?

30代のおでこにできちゃうポツポツ大人ニキビの特徴と原因まとめ!意外なところに原因が!

ニキビ跡を早く治すために~焦らないで!ターンオーバーのサイクルを整えよう~