歯を白くしたい!ホワイトニングってやるべき?


私の歯、ホワイトニングはすべきなの?「白さ」の感じ方も人それぞれ

どのくらいの白さを白いと感じるのかは、人それぞれです。かなり白くても「黄ばんでいるかも」と思う人もいれば、あまり気にならない人もいます。
自分で思っているほど黄色くないということもあるかもしれません。

discolor005[1]

歯を白く美しく保つには、ホワイトニング以外にもいろいろな方法があります。お金儲けになるからといって、ホワイトニングが必要なさそうな人にでもGOサインを出してしまう歯医者がいないとは言い切れません。
芸能人でも白紙のように歯が真っ白な人がいますが「人工的で気持ち悪い」「全体のバランスが悪い」と感じる人もいるようなので、ホワイトニングもよく考えてからしたほうがよさそうです。
また、トータルで美しくあることを何よりも大切にすべきであって、歯だけが驚くほど真っ白ピカピカでも肌や髪の毛がボロボロで老け顔!なんてことがあったら残念ですよね。
歯の色よりも大事なのは、きちんと磨かれていてステインなどの汚れがなく、清潔感があることです。家族や友達、信頼できる誠実な歯医者の先生にも意見を聞いて、それでやるべきとなればやりましょう。

人によって「生まれつき」歯の白さに違いがある

whitening004[1]

先ほど必ずしもホワイトニングをしなくても良いのでは?という提案をしましたが、実は歯の美しさは、歯磨きをちゃんとしているかだけではなく、生まれつきによって大きな差が出てしまいます。
生まれつき歯が黄色い人はどんなに歯磨きをして気を付けても黄色いままなのです。そのような方が歯を白くしたいと思うなら、ホワイトニングをするほうが良いでしょう。最近では昔よりも手軽にホワイトニングができるようになったため、芸能人だけでなく一般の方もやるようになってきました。
歯科でやってもらうホワイトニングと、自宅でやるホワイトニングの2種類があります。
自宅で行うホワイトニングは歯科で出してもらったマウスピースや薬剤を使用するもので、持続的に行うためその効果が長持ちするといわれています。歯の黄色みがかなり気になっているという方は、歯科の先生としっかり相談して、検討してみると良いでしょう。
また、歯並びが悪いと歯をすみずみまで磨くのが難しいため、間接的に黄ばみの原因になることもあるようです。
お金はかかりますが、口元の印象全体を良くしたいと思っている方はまず歯科矯正からしてみるのも良いかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です